タイ式ヨガ


運動量★★★  金曜日10:00~11:30

タイ式ヨガ(ルーシーダットン)は、タイ伝統医学のひとつで、2500年前ブッタの時代からタイに伝わる健康法です。
人体に72000本あるといわれているセンを刺激したり、マッサージするポーズが多くあります。
センとは、中国の経絡や、インドの「アーユルヴェーダー」のエネルギーラインと考え方が近いものだといわれています。
タイ語で「ルーシー」=仙人・修行者、「ダッ」=伸ばす・引っ張る、「トン」=自分という意味を表します。
別名『仙人体操』と言われており、山の修行者が座禅で同じ姿勢を続ける中、自分の凝りや歪みをとるためにあみ出されたという伝説があります。
独自の呼吸法とともにポーズを行うことで、血行を促進させ血液とリンパ液の流れをスムーズにする働きがあり、新陳代謝をアップして体内毒素を排出されやすくします。
また、体の歪みを直す自己整体機能や、お腹やせ・足やせ・ダイエット効果・頭痛・肩こり・腰痛・冷え性・ストレス解消などさまざまな効果も期待されます。
タイ式ヨガには、激しい動きや、難易度の高いポーズはほとんどありません。
体の硬い人でも無理なくできるポーズを、ゆったりととるのが基本です。
ただし呼吸法は独特で、この呼吸法が全身の血液の流れを促進し、運動の効果を高めてくれます。
また、ひとつのポーズのなかで足を刺激しながら体幹を大きくひねったり・・・と、ストレッチ、身体の矯正、筋力トレーニングの効果を同時に得られるのも大きな特徴です。
年をとってからでも健康でいられる筋力、柔軟性、バランス感覚を養い、凝りと歪みを取り去る理想的な体操法だといえます。
さあ、タイ式ヨガでこころも体も健康になりましょう・・・。

※クラスの最後のリラクゼーションではクリスタルボウル(水晶の器)ヒーリングを行い、音と振動で身体の内側外側を癒します。代謝が上がり身体があたたまるので深いリラックスを得られます。