クリスタルボウルの響き


こんにちは!あかねです!(^^)!
10月も半ばを過ぎて、寒くなってきましたね。
来月11月12日(日)はKengo先生の『音ヨガ』のワークショップがあります!

22221605_725304997662630_1993723823237144762_n

 

私がヨガの世界へ入るきっかけになった大好きな先生です。
母がヨガの先生にもかかわらず、ずーっと避け続けてきたヨガ。それを変えてくれたのがKengo先生です。
そして今私は憧れのKengo先生と同じようにヨガの楽しさ、素晴らしさを伝える仕事をしています。

 

22308578_725305017662628_7036923203086828393_n

Kengo先生のクリスタルボウルの本

 

Kengo先生はビンヤサヨガ(動きと呼吸の連動したスタイル)とクリスタルボウルの生演奏を楽しめる『音ヨガ』という独自のスタイルでヨガを広めています。
より深くヨガを理解するため、医療系の専門学校で解剖学、生理学、東洋医学、鍼灸学を学び、専門機関での解剖実習や臨床実習にも参加している、身体のプロフェッショナルです。
Kengo先生のクリスタルボウルの本には約51分のクリスタルボウルのCDが付いています。
クリスタルボウルの音色は不眠・緊張・自律神経・不安・肩こり・イライラなどの不調がある方にオススメです。
ワークショップ当日は最後のシャヴァーサナの際に30分以上のクリスタルボウルの生演奏があります。
是非ワークショップに参加してクリスタルボウルの音色やバイブレーションをライブで感じてみてください。

22279443_725311360995327_4474279678071233402_n

22552422_729390533920743_200126782858884504_n

 

Kengo先生が監修したMen’s Yogaのコラムが載っているヨギーニVol,59はスタジオにありますのでご覧ください。
今回の福島でのワークショップのテーマにもなっている「力み」のないヨガについてのコラムです。
ヨガの最中の力みは男性に特に多く感じられます。
筋肉があるのに上手く逆転のポーズでバランスが取れなかったり、力任せにポーズをとってしまって疲れたり、柔軟性が向上しないのは力みが原因かもしれません。私もそんな時代があって、ヨガの練習の後は疲れてしまっていました・・・
Kengo先生のアーサナはいつもとっても気持ちよさそうで、あんなに力強くて力の抜けたアーサナはどうやってとっているんだろうと思っていました。
Kengo先生のワークショップを受けて、その理由は力みや緊張のないリラックスした状態でポーズをとるコツを知っているからなんだと納得した覚えがあります。
今回のワークショップはそんな力みによってヨガが快適に行えていない方や、日常生活に支障をきたしている方にもオススメです。

長くなりましたが、私が100%の自信をもってオススメするKengo先生のワークショップは残席数名です。
ご検討中の方はお早めにお申し込み下さいね!!

 

11月12日(日)
13:00〜15:00
1部 【身体の力みをとるヨガ基礎座学】
ストレスを多く感じたり、自律神経の働きが乱れてくると身体に出てくる一番初めの症状は『筋肉の力み』です。
『身体を静かにする=身体の力みをとる』ということです。

このWSでは関節の構造や筋肉の走行から身体を力ませずにアーサナをとるための基本原理や解剖学的な基礎を学びます。
このクラスで学んだ考え方や視点を次のクラスのアーサナ実践編で身体に落と込んで行きます。

16:00〜18:00
2部 【音Yoga〜身体の力みをとるビンヤサ実践〜 (動くクラス・クリスタルボウル)】
(30分以上の長いシャバアサナですブランケットやアイピローをお持ちください)
このクラスではアルケミークリスタルボールという振動性の楽器の生演奏で気持ちのよい音の波で皆さんと会場を包み込みます。
ヨガ、呼吸法の後の演奏は見る、聞くというよりは音の波に浸るという感覚です。長めのシャバアサナ(瞑想)では、多くの人が意識と無意識の狭間で漂う心地よい揺らぎを感じます。心身がリラックスしている時にでる脳波α波が出ます。
ストレス軽減、身体的疲労物質の抑制などの効果があります。

料金・お申し込みなど詳しくはこちら
http://lotusyogastudio.jp/20170912-4509.html